川崎二郎からのメッセージ

国際的にも、国内的にも先行き不透明な中の新年ではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 一年を終えると「瞬く間に一年が経ちまして」というのが、よく使われる言葉ですが、私にとって昨年は長い一年でありました。
 加藤さんの国会議員辞職―郵政公社法成立、総務委員会筆頭理事として全力を上げる(7月)−小泉内閣改造に伴う自民党人事の異動により、三度目の党国会対策筆頭副委員長に就任(10月28日から12月13日)短期国会にもかかわらず87件もの法律を成立させる等、前半は苦難の時であり、後半は国会活動に全力を上げて汗をかいた半年でありました。

 お陰様で久しぶりの職務ではありますが、国会対策の勘も取り戻し、毎日元気に働かさせて頂いております。

 さて今年も激動の中、1月20日から国会が開かれます。
(1) 景気・雇用と不良債権処理
(2) テロ問題とイラク攻撃
(3) 北朝鮮と核・拉致問題
(4) 将来不安(年金・医療等)と少子化
(5) 対中国投資の拡大・輸出の増大と中国元為替レート
(6) 犯罪の増加と検挙率の悪化
(7) 市町村合併と地方選挙等、大きな課題を抱えた中での国会論戦となります。

 また後半には総選挙も予想され、一年中が緊張続きになると思いますが国の将来を間違えないよう全力を尽くしたいと思います。



戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.