川崎二郎からのメッセージ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
年の瀬も押しつまり、貴方様にはお忙しい毎日をお送りのことと存じます。
旧年中は格別のご支援、ご指導を賜りましたこと、心から御礼申し上げます。

お陰様で昨年の11月9日の総選挙に於いて7回目の当選を果たすことができました。
当選後、翌日より国会対策筆頭副委員長の仕事に戻り、特別国会の段取り、またその後の「イラク復興支援問題」「足利銀行の破綻処理問題」そして予算編成に追われて、失礼を致しておりますことお許しを願います。

総選挙の結果は与党284議席、野党196議席であり、小泉内閣は国民の信任を得たと言えます。しかしながら内外とも難問が山積しており、今年も緊張した中で一日一日を大事にしながら、国政に当たらなければなりません。大企業の業績が回復してきたとは言え、地方・中小企業は厳しい状況にあり、景気の回復が、今年第一の課題であります。また選挙公約であります「安心・安全な社会」を目指して年金・治安等の問題に全力を投じなければなりません。

改革を進めて行く為には、国会に於いて予算を成立させ、多くの法律を改正し、新しい法律をつくらなければなりません。本年7月までは国会対策に全力を傾注し、国民生活が、地域社会が、将来に向けて明るいものとなるよう努めて行きたいと思います。

年初より、国会での仕事が続くこととなり、重ねての失礼があると思いますが、ご理解の程お願い申し上げます。
本年の貴方様とご家族の皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げ新年のご挨拶と致します。


平成16年1月1日
衆議院議員 川崎二郎




戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.