川崎二郎からのメッセージ

「衆議院議院運営委員長就任挨拶」

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて私儀この十月十二日、臨時国会を持ちまして「衆議院運営委員長」に選任されました。
これもひとえに皆様方のご厚情の賜物だと感謝しております。

平成十一年、運輸大臣に就任し一年二ヶ月政務に精励して参りました。その後「加藤政局」「宏池会の分裂」「小泉内閣誕生」「加藤氏の代議士辞任」と政局が厳しく変化する中、初心を貫きながら歩んで参りました。

小泉内閣誕生後、「総務委員会筆頭理事」そして「国会対策委員会筆頭副委員長」として国会の運営、予算、法律の成立に全力を上げて参りました。お陰様で、この二年間で予算の早期成立と316本の法律と条約を仕上げて参りました。
予算の早期成立は景気回復の誘因となるものであり改革は法律の成立により前進します。
我が国の経済も出口の見えない不況からようやく脱出の兆しが見え初めております。しかしながら、未だ地方には景気回復のあたたかみが波及しておらず、以前厳しい状態が続いております。

今回は久し振りに裏方から表の仕事に変わることとなりました。
「議院運営委員長」の重責を全うすべく全力投球して参ります。
今後一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。
敬具  


平成16年10月吉日
衆議院議院運営委員長 川崎二郎




戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.