川崎二郎からのメッセージ

日本から世界へ、安心・安全を発信!!
6月20日鳥由来新型インフルエンザ・対策提言を政府に行う

PHOTO PHOTO
平成20年6月20日(金)
「与党政調会長が提言書にサイン」
鳥由来新型インフルエンザ対策プロジェクトチームで活発に議論!!

川崎二郎は今年1月以来、14回に渡り未曾有の大惨事となりうる「鳥由来新型インフルエンザ」対策に座長として、情熱を傾けてまいりました。

2000万人もの死者を出した、「スペインかぜ」以上に危険をはらむ「鳥由来新型インフルエンザ」は、アジアを中心とした世界的な大流行が危惧されており、その対策を万全にかつ早期に講じなければなりません。

危機管理を第一に考える川崎二郎は、座長としてリーダーシップを取りながらこの度、提言書を政府に提出致しました。

この提言書には、プレパンデミックワクチンを今年8月から臨床研究として6000人に接種を行うなど、世界に先駆けての施策を盛り込みつつ、必要な医薬品の備蓄・研究、医療体制の設備等に関して、国民の安全を守る総合的対策となっています。

今後、様々な事案を戦略的に検討しながら、報道機関等を通じて順次公表を行ってまいります。

危機管理は、起こるべき危険を事前に考え対策を施すことで、被害を最小限に抑えることが出来ます。

川崎二郎は、これからも国民の安心・安全の為、走り続けてまいります。



戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.