川崎二郎からのメッセージ


 平成29年4月19日(水)自民党本部において、私が会長を務めます、情報通信戦略調査会主催の『多言語音声翻訳システム展示会』を開催致しました。
 今回で3回目となる本展示会は、「言葉の壁」をなくす多言語音声翻訳の普及・促進、地方観光の発展を目指すとともに、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて必要不可欠なツールであります。情報通信研究機構(NICT)、電気通信事業者及びメーカー等が、現在開発中も含め様々な音声翻訳システム・機器を各分野別に展示し、わが党所属国会議員のみならず、各団体・企業、官公庁、地方自治体関係等、多くの方々にご参加頂き、実際に体験して試用して頂きました。多言語音声翻訳システムの更なる開発・発展・実用化に向け、情報通信戦略調査会としても支援して参ります。

協力:情報通信研究機構(NICT)、総務省、消防庁     NTTドコモ、KDDI、京浜急行電鉄、シャープ、凸版印刷、日本電信電話     パナソニック、パナソニックソリューションテクノロジー、日立製作所     日立超LSIシステムズ、フィート、富士ソフト、富士通、富士通研究所     ブリックス、三菱地所、ログバー  ※企業名は五十音順




戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.