議員連盟・勉強会紹介

水道事業促進議員連盟

老朽化した水道管、破裂を未然に防ぐ。

日本の水道は普及率が97%を超えており、生活基盤の一部になっています。
しかしながら昭和40年代に急速に整備された水道施設は、更新時期を迎えつつあり、その老朽化による漏水、破裂、あるいは人口減による管理者の育成難などが懸念されています。
民主党政権時代、この暮らしを守るための予算が減らされ続け、水道施設の更新のための予算がないという危機的状況にありましたが、その状況を是正するために議員連盟を設立し、年々水道事業に関する予算を増額させており、これからさらに必要になってくる水道施設の更新に備えています。

水道議連会長として、塩崎厚生労働大臣に申し入れを行う様子


戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.