議員連盟・勉強会紹介

行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連盟

この5年間で東京圏の人口は50万人増加している中で、3大都市圏以外の人口は150万人も減少しています。また、政治、経済、文化等における機能も過度に東京に集中しています。このような過度な東京一極集中が加速している中で、大都市経済と地方経済の差はさらに拡大し、地方における人口減少に歯止めがかかっていないのが現状です。
また、人口に依拠した選挙制度改革により地王における国会議員の削減が急激かつ継続的に進み、地方の声が国政に反映され難くなっていく傾向にあり、文化や地域社会の維持のために本質的な議論が必要とされています。
そこで、危機管理の面から見た首都機能のあり方をはじめ、様々な観点から議論し、東京一極集中の是正と地方の活性化を目指し、新たな東京と地方のあるべき姿を実現するべくして「行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連盟」を設立いたしました。
まずは手始めとして、東京に集中した国宝を産出地である地方に返すこと、大学・企業等の一部を地方に移設することに対し補助をすることで過度な一極集中を是正し、地方を活性化してまいります。

行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連盟設立総会の様子


戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.