緊急レポート

〜第2号〜

「三重県の雇用は今月も高水準」


この19日に梅雨もあけ、真夏日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
私のほうは、「郵政法案」が衆議院を通過したものの、8月13日の会期末まで「郵政法案」をめぐるギリギリの攻防が続いております。
参院で法案が否決されれば不信任案が提出され解散。そうした最悪の状況をにらみながら、議院運営委員長としての仕事をする一方、解散を視野に入れた活動をしております。
さて前号に引き続き、日本経済の指針である「雇用情勢」を送付致します。三重県は4月に引き続き、有効求人倍率1.35を維持し、これは全国で4位の高水準です。今後もこの高水準を維持すべく、国・三重県において様々な施策を打ち出していきたいと思いますのでご支援の程よろしくお願いします

三重県の雇用失業情勢
1, 完全失業率の推移
 
三重県の完全失業率は平成15年が4.7%、平成16年が3.7%と、両年とも全国の完全失業率を大きく下回っている。
 

平成15年
平均
平成16年
平均
平成17年
3月
平成17年
4月
平成17年
5月
三重県 4.7 3.7 - - -
全国 5.3 4.7 4.5 4.4 4.4
   
2, 有効求人倍率の推移
 
平成17年5月の三重県の有効求人倍率は、前月と同水準であり、これは全国で第4位の高水準である。
 

平成15年
平均
平成16年
平均
平成17年
3月
平成17年
4月
平成17年
5月
三重県 0.83 1.16 1.26 1.35 1.35
全国 0.64 0.83 0.91 0.94 0.94
   
3, 公共職業安定所別有効求人倍率(平成17年5月)
 
三重県 1.35

 
中勢地域
1.31
松坂 1.13
地域平均 1.24

北勢地域
桑名 1.59
四日市 1.46
鈴鹿 1.30
地域平均 1.44

伊賀地域
伊賀 0.89
地域平均 0.89

南勢地域
伊勢 0.84
地域平均 0.84

 
東紀州地域
尾鷲 0.79
熊野 0.49
地域平均 0.64



「福祉行政に力を注ぐ」

32歳で初当選をし、国政の場に立って25年。昭和22年生まれの私、川崎二郎も今年で58歳の年を迎えます。

いよいよ、戦後の「ベビーブーム」の時に生まれた、私を含む「団塊の世代」も高齢者となる日が現実のものとなってきました。今日までの日本の発展は、我々の先輩の世代が社会・経済のシステムを作りつつ、人口の多い、「団塊の世代」が労働力を提供し、その購買力をもって、形作っていったと言えます。
しかし、これから10年後には日本の生産に寄与していた我々の世代が「福祉・年金」のお世話になる日がやってきます。私が生まれた昭和22年の子供の数は268万人。この突出した人口を持つ世代が10年後には一挙に高齢者の仲間入りをするのです。

初当選以来「高齢化社会・少子化社会の進行」に警告を鳴らし続け、年金・福祉行政に力を注いでまいりました。
「人生60年の時代から90年の時代へ」。少子化による労働力の低下は、定年の延長、定年者の再就職先の確保によってまかなうべきであると思います。そして、高齢者が安心できる環境作り、「福祉政策・施設」の充実により、「安心で快適な社会づくり」が実現できると考えております。下の表にあるとおり、三重県の老人福祉施設の状況は、同規模の県と比べ若干下まわるレベルにあり、他県同様増え続ける高齢者に対応しきれていないのが現状です。

この状況に対し、国の政策面では、介護保険の適用後、申し込み順であった特別養護老人ホームの入居を、必要性の高い人から優先的に入居できるよう省令を改正し義務づけを致しました。又、高齢者の交通事情に鑑み、中勢・伊賀地域は地域ごとに老人福祉施設を設けるよう働きかけております。今後も高齢者対策等、「安心で快適な社会」の構築をめざし努力していきたいと思います。

  三重県の高齢者福祉施設(割合は65歳以上の年齢者総数から算出)
 
都道府県名
特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 介護療養型医療施設 総施設割合
定員数 割合 定員数 割合 定員数 割合
三重県 5,448 1.4% 4,892 1.3% 1,627 0.4% 3.1%
岐阜県 6,069 1.4% 5,391 1.3% 1,354 0.3% 3.0%
愛媛県 5,055 1.5% 4,826 1.4% 2,913 0.8% 3.7%
長崎県 5,547 1.6% 4,330 1.3% 2,495 0.7% 3.6%
総計 383,390 1.5% 284,730 1.2% 140,671 0.5% 3.0%

シルバー人材センター登録者の推移
シルバー人材センターの登録者数、就業延人員は増加している。

緊急レポート



戻る

(C)COPYRIGHT 2001 川崎二郎事務所 All Rights Reserved.